プロ家庭教師によるネッ ト学習









メニュー
トップ
講師紹介
授業案内
授業形態
授業料・時間割
入学手続き
よくある質問
お問い合わせ
入試問題分析
受験のための読書
プチ旅行記
数学悩み相談室
教科書傍用解答解説



 トップページ教科書傍用(解答解説)>サクシード数学TA(第3章:図形と計量)

  第3章 図形と計量【演習問題】 451452453454455456457458459460461

  まず、図形と計量の分野で出題されるテーマの目次カードを作ると・・・

侍 目次 (図形と計量)

 @計算
 (@)相互関係 (A)対称式 (B)三角方程式・不等式
 A図形への応用
 (@)定義 (A)正弦定理・余弦定理・△の面積公式
 (B)相似 (C)円 (D)△の角の二等分線


  @計算の問題は、入試ではとくに「対称式がらみ」「相互関係から種類の統一」といったあたりが
  頻出です。A図形への応用では、(@)sinθ等の定義が意外と重要です。とくにセンターでは、こ
  の超基本の定義を使う問題が出ますので注意! (A)の各種定理・公式はかならず証明できる
  ように準備しておいてください。たとえば、2007年度の京都教育大学(前期)3番(1)で「余弦定
  理を証明せよ。」という問題が出題されました。
  このHP内の「入試問題分析・数学の解法マニュアル」でも掲載していますが、「定義・定理・公式
  の理解と暗記」
は、この分野でもとっても大事なんです。
  (B)〜(D)は、数学Aの平面図形との融合問題ですね。とくに入試では、相似がからむ問題が難
  関大学で出題されますね。しっかり対策しておきたいところです。

  そして、Aは図形の問題なんですから、「ひらめきツール(2)」の「ビジュアル化して目で問題をと
  らえよ」、つまり 「図形を描け」っていうことが超重要です。 平面図形も空間図形もフリーハンド
  で正確な作図ができるように訓練しておいてください。

  それじゃ、解答解説をしていきます。    はじめま〜す。

  451(解答解説)
  図形と計量

  452(解答解説)
  図形と計量

  453(解答解説)
  図形と計量

  454(解答解説)
  図形と計量  ニヒル   

  455(解答解説)
  図形と計量

  456(解答解説)
  図形と計量

  457(解答解説)
  図形と計量

  457の問題は、2009年度のお茶の水女子大学前期3番(3)とリンクします。
  サクシードの問題をきちんと消化していた人は、当然Getできたはずです。    ガンマン
  見てみましょう。
  お茶の水女子大学入試問題

  どうですか? (3)がほぼ同じでしょ。いかに教科書傍用問題集が大切か分かりますよね。
  お茶の水女子大学解答

  458(解答解説)
  図形と計量

  459(解答解説)
  図形と計量

  460(解答解説)
  図形と計量

  461(解答解説)
  図形と計量

  以上で、第3章 図形と計量の演習問題の解答解説は終了です。

  ここでは、「ビジュアル化=図形(平面・立体)を描け」が一番重要です。
  そして入試では、三角形の角の二等分線・円・相似が頻出ですので、絶対に穴を作らずパーフェ
  クトな理解を心がけてくださいね。
  
  それじゃ、おつかれさまでした。復習は忘れず定期的にね・・・・・・・・・・・居眠り