プロ家庭教師によるネッ ト学習



 トップページ教科書傍用(解答解説)>サクシード数学TA(第1章:場合の数と確率)

  第1章 場合の数と確率【演習問題】 225226227228229230231232233234235236237

  まず、この分野で出題されるテーマの目次カードを作ると・・・

侍 目次 (場合の数と確率)

 @場合の数 (@)公式不可  (A)公式利用
 A確率 (@)基本性質 (A)反復試行 (B)期待値
       (C)Max・Min

  @の(@)は意外と重要です。つまり、樹形図などを使って実際にカウントしていく方法です。
  センター試験や型にはまらない難関大学ではよく出題されます。基本中の基本ですが、もっとも
  重要な方法ですから軽視しないでください。 2009年度は九州大学文系(前期)3番など・・・・・

  この分野では、「ひらめきツール」の(1)(2)(7)の利用が多いですね。とくに(2)のビジ
  ュアル化
とは絵や図を描いてイメージすることですが、これさえきちんと実行すればかな
  り実力がついてきますよ。

  それでは、解答解説をはじめましょう。     始まります  

  225(解答解説)
  約数の個数

  226(解答解説)
  一筆書き

  227(解答解説)
  約数の個数

  228(解答解説)
  順列

  229(解答解説)
  組合せ

  230(解答解説)
  集合

  (ウ)の問題は、確率ではありますが2008 年度の京都大学理系乙(前期)2番の問題とリンクし
  ます。自信のある人は、目を通しておくといいですよ。    
  この「ひらめきツール(7)」の「逆から見るアイデア」は難関大学では頻出ですね。目を通す


  231(解答解説)
  じゃんけん

  232(解答解説)
  期待値

  233(解答解説)
  集合

  234(解答解説)
  色の塗りわけ

  235(解答解説)
  部屋の入り方

  236(解答解説)
  余事象

  237(解答解説)
  n個のサイコロ

  以上で、第1章 場合の数と確率の演習問題の解答解説は終了です。

  この分野でもっとも大切なことは、ビジュアル化=絵や図を描いてイメージでしたね。必ず実行し
  てください。また、集合との親和性もありますから、ベン図の用意もお忘れなく!!

  それじゃ、おつかれさまでした・・・・・・・・・・・  おつかれさん






メニュー
トップ
講師紹介
授業案内
授業形態
授業料・時間割
入学手続き
よくある質問
お問い合わせ
入試問題分析
受験のための読書
プチ旅行記
数学悩み相談室
教科書傍用解答解説