プロ家庭教師によるネッ ト学習



 トップページ教科書傍用(解答解説)>サクシード数学TA(第2章:論理と 集合) 

  第2章 論理と集合【演習問題】 256257258259260261262263264265266267

  まず、この分野で出題されるテーマの目次カードを作ると・・・

侍 目次 (論理と集合)

 @必要十分条件
 A整数、有理数と無理数
 B間接証明法(対偶、背理法)

  @はセンター試験で頻出です。ベン図でその包含関係を捉える習慣をつければOKです。
  Aの整数問題は難しいです。ほんとに「ひらめき」が必要とされる難攻不落の分野ですが、典型的
  な問題はひととおりインプットしておきましょう。
  当HP 内の「入試問題分析」→「整数問題」に典型問題を掲載していますので、見てみてください。
  Bは、「ひらめきツール(7)」の 「逆から見るというアイデア」です。正面突破が困難ならば、
  逆に裏から攻めるっ感じですね。発想の転換です。入試では、この「間接証明法」がとてもよく出
  題されます。大学の先生は、脳味噌の柔軟性を見たいんでしょうね。

  それじゃ、解答解説をはじめます。        はじめましょう

  256(解答解説)
  命題の真偽

  257(解答解説)
  必要十分条件

  258(解答解説)
  背理法

  259(解答解説)
  有理数・無理数

  260(解答解説)
  背理法

  261(解答解説)
  整数

  262(解答解説)
  整数

  263(解答解説)
  整数

  264(解答解説)
  整数

  265(解答解説)
  整数

  266(解答解説)
  整数

  267(解答解説)
  整数

  以上で、第2章 論理と集合の演習問題の解答解説は終了です。

  この分野(整数問題・間接証明法)は、難関大学で頻出です。東大・京大・阪大・一橋大など毎年
  のように整数問題を出題しています。難関大学を受験する人は十分な対策をしておいてください。

  そうでない人も、結構パズルチックな問題が多いので「頭の体操」になります。数学の思考力・回
  転力
を鍛えるにはいい素材だと思いますよ。

  それじゃ、おつかれさまでした・・・・・・・・・・・・・おつかれさん






メニュー
トップ
講師紹介
授業案内
授業形態
授業料・時間割
入学手続き
よくある質問
お問い合わせ
入試問題分析
受験のための読書
プチ旅行記
数学悩み相談室
教科書傍用解答解説